相続は頻繁に経験するものではないため、分からないことがたくさんあり、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。親から受け継いだ不動産や先祖代々のお墓など、どの財産に相続税がかかるのか疑問を解消しておく必要があります。ここでは、豊中の税理士に相続税対策を相談する前に知っておきたい、相続税の対象になる財産と対象にならない財産についてご紹介します。

相続税の対象となる財産

Property subject

相続税の対象となる財産を把握しておくと、相続前に対策することができます。相続税改正により申告が必要なケースも増えているので、早いうちから税理士事務所に相談して準備することをおすすめします。

お金

タンス預金や亡くなる前に引き出した現金、金融機関の預金口座に入っている預金や貯金などのお金はすべて相続税の対象です。

有価証券

上場株式や債券など、お金に換えることができる有価証券も相続税の対象です。株券や債券に詳しくないからと放置しては、相続税の計算時に大きなミスを招いてしまいます。

不動産

土地や建物といった不動産は相続税の対象となります。土地の場合、借地権・地上権・敷地権・宅地・山林・農地など、建物は家屋・マンション・駐車場などが該当します。

動産

土地や建物などの動かせない不動産に対して、動かせる財産を動産と呼びます。家具や自動車、宝石、貴金属、骨とう品などが対象です。中でも、骨とう品は専門店などでしっかりと鑑定してもらうことをおすすめします。

各種権利

電話加入権やリゾート会員権、ゴルフ会員権、著作権、特許権、商標権などの各種権利も相続税の対象です。

事業用財産

商品や機械、売掛金など、事業の用に供している資産が対象となります。

みなし相続財産

被相続人が死亡してから入る死亡保険金や損害保険金、死亡退職金などのみなし相続財産も相続税の対象です。

相続税の対象にならない財産

Property not subject

豊中で被相続人から相続した財産の中には、相続税の対象にならない財産もあります。

祭祀財産

祖先を崇拝するためのお墓や墓石、位牌、仏壇などの祭祀財産は相続税の対象になりません。

一定額までの死亡保険金や死亡退職金

死亡保険金や死亡退職金のうち、「500万円×法定人数」で算出された金額までは非課税のため、相続税はかかりません。ただし、超えた分の金額については相続税の対象となります。

寄附した財産

相続税の申告期限までに、国や地方公共団体などに寄附した財産は相続税の対象から除外できます。ただし、制限が設けられているため事前に確認が必要です。

相続した財産が相続税の対象どうか分からない場合は、豊中のきたおく税理士事務所までお問い合わせください。豊中を拠点に、相続に強い税理士が相続税の申告や相続税対策など、様々な相続に関するご相談を承ります。

相続税や不動産売却などのお悩みは豊中の税理士が解決!

相続に関するお悩みや不安がある方は、豊中のきたおく税理士事務所までお問い合わせください。相続に強い税理士が在籍しており、相続税の申告手続きはもちろん、将来の相続対策などに対応します。豊中での相続問題は、地域に密着したきたおく税理士事務所にお任せください。

豊中で相続税についてお悩みなら、きたおく税理士事務所へお問い合わせください!

事務所名 きたおく税理士事務所
代表 北奥 昌照 (きたおく まさてる)
住所 〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚2-19-2 梅田ビル1階
電話番号 06-6210-6337
URL https://kitaoku.jp/
経歴
  • 昭和54年大阪府豊中市生まれ
  • 平成9年大阪府立箕面高校 卒業
  • 平成13年近畿大学商経学部商学科 卒業
  • 平成16年税理士法人FP総合研究所 入社
  • 平成21年税理士法人山田&パートナーズ 入社
  • 平成29年きたおく税理士事務所 開設
資格 税理士(平成22年合格)