相続や起業などは、税理士に依頼をしないですべて自分で行うこともできます。しかし、手続きが多い上に専門知識を必要とするため、すべての手続きを正確に進めるのは容易ではありません。そのため、相続や起業の際には専門家に相談することが大切です。

こちらでは、税理士の役割や業務内容について紹介します。豊中市で税理士をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。豊中市にあるきたおく税理士事務所では、起業に関する書類や手続き、税務相談などに対応させていただきます。

税理士の役割とは?税理士に頼まないとどうなるのか

電卓とペン

会社経営をして行く上で、数々の業務が発生します。中でも税理士は、記帳業務や給与計算業務、経営相談、事業承継などに対応することが可能です。税理士と顧問契約をすることで、これらのある程度専門知識が必要な業務をすべて任せることができるのです。

また、相続をはじめとする、税金が絡む手続きは多くあります。すべて自分でするためには、専門知識も時間も手間も必要となります。忙しい中、一から知識をつけて手続きを行うのが用意ではないため、税理士の役割が大きくなるのです。

豊中市で、特に会社経営に関する税務相談や相続に関する相談をする場合は、きたおく税理士事務所にご相談ください。

税理士が提供するサービスとは

握手をする手

税理士ができるのは、確定申告などの税金に係る税務代理、税務書類の作成、資金調達支援・融資対策、給与計算など会社経営で発生する税金やお金に関することです。また相続税などに関する知識も豊富なことから、企業だけではなく個人の悩みにも対応します。

会社経営でより多くのサポートを依頼したいという場合には、顧問契約もご検討ください。

豊中市で税理士が提供するサービスが必要な場合は、きたおく税理士事務所に一度ご相談ください。気軽に相談できる身近な専門家として、お客様とのコミュニケーションを大切に、しっかりとサポートいたします。税務相談にも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

顧問契約とは?どんな時に必要なの?

税理士と顧問契約をすることで、会計業務に関する指導を行うことができます。それぞれのクライアントにあった資金繰りや節税対策を行うため、経営自体が良い方向に向かっていく可能性が高くなります。

また、会計業務を税理士にすべて任せたり、記帳代行を依頼したりすることもできます。会計に知識がない方が会計業務をすると、手間や時間がかかります。また、ミスも出てしまうでしょう。お金に関する業務は経営をする上で非常に重要な業務な一つですので、税理士と顧問契約をすることをおすすめします。

豊中市で税務相談をお考えの方や起業をお考えの方はきたおく税理士事務所まで

豊中市で税務相談をお考えの方や起業をお考えの方は、きたおく税理士事務所までご相談ください。会社の設立や運用には、様々な手続きが発生します。十分な知識がないとなかなか手続きが進まないため、専門家に依頼するのが一番です。

きたおく税理士事務所は相続に関する相談にも対応していますので、豊中市で起業・相続・税務相談に対応している税理士事務所をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。

豊中市で税務相談ならきたおく税理士事務所へ

事務所名 きたおく税理士事務所
代表 北奥 昌照 (きたおく まさてる)
住所 〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚2-19-2 梅田ビル1階
電話番号 06-6210-6337
URL https://kitaoku.jp/
経歴
  • 昭和54年大阪府豊中市生まれ
  • 平成9年大阪府立箕面高校 卒業
  • 平成13年近畿大学商経学部商学科 卒業
  • 平成16年税理士法人FP総合研究所 入社
  • 平成21年税理士法人山田&パートナーズ 入社
  • 平成29年きたおく税理士事務所 開設
資格 税理士(平成22年合格)