職種や規模にかかわらず、事業を行う経営者の方は確定申告を行う必要があります。また、個人の場合でも遺産相続によって譲渡益が発生した場合などは、確定申告をしなければいけません。確定申告の方法には白色申告と青色申告があり、一般的には青色申告のほうが白色申告よりも申請方法が難しいとされていますが、その分青色申告のほうがメリットは大きいです。

ここでは、豊中で税理士事務所をお探しの方に向けて、確定申告の方法の一つである青色申告のメリット・注意点について、また青色申告を税理士に依頼する際のポイントをご紹介します。

確定申告とはどのような申告なの?

申告用紙と電卓

1月1日~12月31日までの所得税額を計算し、申告書を作成して税務署に申告することを確定申告といいます。会社員の場合は勤め先の会社が個人に代わって年末調整を行って手続きしてくれますが、個人事業主やフリーランスの方は自分で確定申告を行わなければなりません。

また会社員であっても、年収2,000万円を超える給与がある、2箇所以上から給与をもらっている、副業の収入が20万円を超えている、株式売買を行っている、医療費控除を受けるなど、特別な事情がある場合は確定申告の対象となります。

青色申告のメリットとは

確定申告には白色申告と青色申告があり、青色申告のほうがメリットは大きいとされています。青色申告の主なメリットは以下のとおりです。

  • 青色申告特別控除が受けられる
  • 赤字は最大で3年間繰り越すことができる
  • 貸倒引当金を損金の算入対象として計上できる
  • 青色専業専従者給与が認められている

上記のうち、最大のメリットとなるのが青色申告特別控除です。青色申告をする場合、最大65万円の特別控除が受けられます。複式簿記での帳簿作成・e-Taxによる電子申告、もしくは電子帳簿保存という条件付きですが、会計ソフトを利用すればそれほど難しいことではありません。仕訳と記帳さえきちんと習慣づけておけば、青色申告書の作成も簡単です。

確定申告に関わる業務を税理士に依頼することで、年間の所得額やそれに対する所得税の計算及び書類作成など、煩わしい作業を自分で行う必要がなくなります。

豊中のきたおく税理士事務所では、確定申告のご相談や手続きの代理を受け付けております。豊中で確定申告について税理士に相談したいとお考えの方は、きたおく税理士事務所へぜひお問い合わせください。

青色申告の注意点

青色申告には多くのメリットがありますが、デメリットがないわけではありません。ここでは、青色申告を行う際の注意点を見ていきましょう。

  • 青色申告をしたい年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」の提出が必要
  • 65万円の特別控除を受ける場合は、正規の簿記の原則に則って会計処理(複式簿記での記帳)を行わなければならない

特に注意すべきなのが、複式簿記での記帳です。ただし、複式簿記での記帳は経営状態の明確化につながります。青色申告は複雑な作業で時間や労力がかかるものの、前セクションでもお伝えしたように得られるメリットは大きいです。

税理士に青色申告のみの依頼はできる?

はてなのロゴを持つスーツ姿の人

青色申告は慣れてしまえば自分で行えますが、仕訳・記帳などは習慣づけが簡単ではありません。慣れていないと記入漏れや計算ミスをしてしまうおそれがあります。

事業の職種や規模によっては、毎日の仕訳や記帳に必要以上の時間がとられてしまいます。青色申告に費やす時間を削減するためにも、税理士に申告代行を依頼するとよいでしょう。

税理士に青色申告関連の代行業務だけを依頼するという、単発でのスポット契約も可能です。スポット契約とは、必要なときに必要な業務だけを依頼する契約のことです。まだ事業規模がそれほど大きくない場合やコストを抑えたい場合など、スポット契約を交わす方も少なくありません。

ただし、中には確定申告書の作成だけという業務は請け負わないという税理士もいます。青色申告のスポット契約は一般的に仕訳・記帳も含めた業務であると考えておきましょう。

経験豊富で安心!青色申告のサポート・代行依頼は豊中のきたおく税理士事務所へ

青色申告は自分自身で行うことも可能ですが、計算方法を間違えたり、記入漏れがあったりすると正しい税額が算出できません。確実な申告を行うためにも、税理士への依頼がおすすめです。

豊中のきたおく税理士事務所では、確定申告のご相談・代行に対応しております。約11年間税理士法人に勤務し、その間には個人・法人のお客さまだけでなく、銀行、証券会社、保険会社、他士業の方々とも多くお仕事をさせていただきました。これまで経験してきた業務実績や知識を活かし、正確かつ迅速にサポートさせていただきます。確定申告のご相談・代行依頼は、豊中のきたおく税理士事務所にぜひお任せください。

豊中で税理士事務所をお探しの方はきたおく税理士事務所まで

事務所名 きたおく税理士事務所
代表 北奥 昌照 (きたおく まさてる)
住所 〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚2-19-2 梅田ビル1階
電話番号 06-6210-6337
URL https://kitaoku.jp/
経歴
  • 昭和54年大阪府豊中市生まれ
  • 平成9年大阪府立箕面高校 卒業
  • 平成13年近畿大学商経学部商学科 卒業
  • 平成16年税理士法人FP総合研究所 入社
  • 平成21年税理士法人山田&パートナーズ 入社
  • 平成29年きたおく税理士事務所 開設
  • 令和2年現事務所へ移転
資格 税理士(平成22年合格)